おすすめのカラー

現在では、作業服にはさまざまなカラーがあります。職種によっては、濃い色がいい、明るい色がいい、といったこともありますが、色の選び方として色の持つ効果を考えてみてもいいでしょう。

ブルー作業服としても使用されることの多いブルーは、心を落ち着かせる効果があると言われています。集中力を高める働きもあるのが、ブルーのメリットです。ブルーにもインディゴブルーやセルリアンブルーなど、さまざまなブルーがあり、デザインに合わせて選ぶのもいいでしょう。

グレーはオシャレで落ち着いた雰囲気になります。洗練されたスタイリッシュさも出すことができます。さまざまなデザインにも合う色という点もメリットでしょう。ブラウン系もオシャレです。クールなグレーと比べると、温かみにある優しい印象を与えるのがブラウンの魅力です。

カーキ色と呼ばれる茶色に近い黄色も人気があります。目立つ色なので、周りに印象づける効果があり、またおしゃれな印象もあります。赤は緊張感を高めるとともに、行動的になれる色と言われています。元気に活発に仕事ができる色でもあり、周囲への印象づけという効果も期待できるでしょう。

一日中着ていることの多い作業服ですから、色の持つ効果を考えて選ぶのも大切です。ちなみに、法人向けでかっこいい作業服通販を行う❝ユニフォームタウン❞では、メーカーだけでなくカラーから作業服を探すことができるようになっています。このようなサイトも参考にしてみてはいかがでしょうか。

作業服に多いカラー

一般的な作業服のカラーというと、インディゴブルーといった青や紺、グレーなどが多いです。なぜそのような色なのかというと、理由の一つは、濃い色であれば汚れが目立たないからです。体を動かす作業や外での作業は、汚れやすいものです。汚れが目立ってしまうと、自分でもイヤな気持ちになりますし、周囲にも印象が悪いです。そのため、汚れが目立たない色を選んでいることは多いです。

グレーなどは明るさによって理由が異なります。暗いグレーであれば、やはり、汚れが目立たないという理由です。明るいグレーであれば、作業に集中しやすいというメリットがあります。

カラーバリエーション最近では明るい色を作業服に取り入れる会社も増えています。明るい色は印象も明るくなります。服の色は表情にも影響するものです。また、現場によっては、明るい色で企業カラーを印象づけるという意味もあります。

また、近年では作業服もデザインに配慮し、かっこいいものや見栄えのいい服装をするようになっています。デザインに合わせて色を明るくしているケースもあります。カラーバリエーションを増やし、さまざまな色を選べるという会社もあります。自分の好みの色を着ることができるので従業員にとっても好評です。

かっこいい作業服は色にもこだわる

作業服服をコーディネイトする際に、色は重要です。かっこよく決めたいときにはシックな色で、かわいらしさを強調したいときには淡い色で、など雰囲気や気分、目的によって服の色を決めることが多いでしょう。

普段の服装は色を楽しむことができますが、作業服はそこまで色に気を遣っていないと思っている人も多いでしょう。作業服にそこまで期待していない、と思っている人もいるかもしれません。しかし作業服の色にも意味があるのです。作業服というと、濃い青や紺色、グレーなどを思い浮かべるでしょう。それらの色は汚れを目立たせないというメリットがあります

また、反対に赤や黄色など明るい色の作業服もあります。そういった色は夜でも目立つ色として採用されています。職種によって作業服の色は考えられていることが多いのです。

近年では作業服もおしゃれでかっこいいものが増えてきました。作業服がかっこいいと、仕事へのやる気にもつながるものです。デザインもおしゃれで、スタイリッシュな服も増え、それとともにカラーバリエーションも増えています。職種にもよりますが、デザインに合わせたカラーだったり、色を選べたりすることもあります。おしゃれな作業服は、色にもこだわっていることが多いのです。もちろん、デザイン性だけではなく、作業をする際の動きやすさや利便性などの点においても、さまざまな工夫がなされています。

作業服の色について、また、作業服としての色の選び方や、カラーバリエーションなどについてお伝えしましょう。