作業服に多いカラー

Pocket

一般的な作業服のカラーというと、インディゴブルーといった青や紺、グレーなどが多いです。なぜそのような色なのかというと、理由の一つは、濃い色であれば汚れが目立たないからです。体を動かす作業や外での作業は、汚れやすいものです。汚れが目立ってしまうと、自分でもイヤな気持ちになりますし、周囲にも印象が悪いです。そのため、汚れが目立たない色を選んでいることは多いです。

グレーなどは明るさによって理由が異なります。暗いグレーであれば、やはり、汚れが目立たないという理由です。明るいグレーであれば、作業に集中しやすいというメリットがあります。

カラーバリエーション最近では明るい色を作業服に取り入れる会社も増えています。明るい色は印象も明るくなります。服の色は表情にも影響するものです。また、現場によっては、明るい色で企業カラーを印象づけるという意味もあります。

また、近年では作業服もデザインに配慮し、かっこいいものや見栄えのいい服装をするようになっています。デザインに合わせて色を明るくしているケースもあります。カラーバリエーションを増やし、さまざまな色を選べるという会社もあります。自分の好みの色を着ることができるので従業員にとっても好評です。

admin